笑福亭鶴笑公式サイト 笑う門には福来る

YouTube動画
笑福亭鶴笑 ボランティア落語会

活動の歴史

  • 国内での活動
  • 海外での活動

「子どもは笑って育ってほしい」の願いから、子ども親子劇場や学校、施設などを中心に活動。オリジナルの「パペット落語」や、日本の伝統芸能「紙切り」「南京玉すだれ」などで、大人も子供も一緒に笑い合える時間を届けています。一緒に笑えば、間違った偏見もなくなります。
また、「笑いは世界の共通語」「地上に平和を!人々に笑顔を!」をスローガンに行っている平和活動、イラクやアフガニスタンでの活動で感じた戦争の現実や悲惨さ等を伝える人権講演や、平和講演などでも全国を回っています。
そして、2012年には関西の老人介護施設や特別支援学校など100ヶ所でのボランティア落語会を開催。 2013年からは活動の幅を全国に広げ、ボランティア落語キャラバンとして年間50回の落語会を毎年継続しておこなっています。